どんなハウスメーカーがいいの?

楽しくマイホームつくり

住宅イメージ

ようこそ!こんにちわ!!このサイトでは住宅の新築や建て替えをするにあたって、私自身の住宅営業経験や建築経験をもとに、失敗なく楽しくマイホームづくりをするために是非、知っておいていただきたい事を書いてみました。いずれは上がるであろう消費税、そしてマイナス金利時代の現在、新しい住まいを考えてらっしゃる方も多いのではないかと思います。当サイトが少しでもみなさんのお役に立てればうれしいです。

 

 

ハウスメーカーの選び方

住宅展示場

ハウスメーカーを選ぼうとする時、まず何をしますか?特定の建築業者がなければ住宅展示場をまわる方が殆どではないでしょうか。
 でも、ちょっと待って下さい!
これから訪問しようとしている先は、自社の商品を売りたいばかりの、あくまでもメーカーであって客観的アドバイスをする事を目的とする第三者機関でも公共機関でもないのです。単に「参考に見せてもらうだけ」位であるならば構わないかもしれないですが、本格的に考えているのであれば、ある程度の予備知識をもって「アドバイスをもらう」よりも「交渉に望む」姿勢で訪れるべきです。

展示場物件の外観に惑わされないこと

住宅展示場とは、各メーカーが自社の様々な商品ラインナップの中から選定した物件を展示場物件として建てています。ですが、メーカー側はその商品をそのまま顧客に見て頂くというよりも、顧客を呼びこむ為の仕様にしてあります。つまり、内装、外装ともにオプョン仕様を多用している事が多いのです。
私自身が勤務していた物件では、該当商品の基本構造と外壁、床材と一部の壁クロス以外、特に設備面については、ほぼ標準品以外のものが設置されていました。選択肢の一つに入れたメーカーの選んだポイントの一つがオプション品だったりしたら大変です。特に外壁材(塗装も含む)や屋根材等は金額が大きく変わってくる可能性がある為しっかりと確認しておくべきです。

 

 

「坪単価○○万円から!!」に惑わされない事

横断幕や垂れ幕等で「坪単価○○万円〜」という宣伝文句を見たことがありませんか?この場合の坪単価とは建物本体の標準価格を指します。一般的に言われている「坪単価」とは意味合いが違います。

建物費用の例
建物標準本体価格 建物本体のみの価格です。横断幕や垂れ幕の「坪単価」はこの部分のみを指していう事が多いです.
屋外給排水工事費用 建物から給排水管までの工事費用です。メーカーが使っている水道業者の工事分です。
地盤補強工事費用 建物を支える為の地盤の補強工事です。様々な補強方法がありますが、地盤状況が良くなく、杭打ち工事となると、100万単位の費用が発生する可能性があります。(自身の建築でもこの杭打ち工事が発生しました。1階あたり15坪の3階建てですが、200万程かかりました・・・)
変更工事費用 標準仕様からの変更工事費用
測量費 敷地・地盤の調査費用
各種申請費 建築確認申請等の申請費
架設工事・現場管理費 足場の設置や現場管理の費用
電気線引き込み工事 電線からの電気の引き込み工事の費用
その他費用 カーテン・照明器具・空調等の費用

 

 

最終的に「坪単価」という時はこの建物費用を延べ床面積(坪数)で割ったものを一般的には言います。(上記の例では主だった費用しか入れてません。例えば太陽光発電を別途設置すれば、もちろんその費用が上積みされますし、メーカーによってはカーテン・照明等は建物費用に入れず、その他費用として出す事もあるので比較検討する場合はレベルを合わせる事が必要です。)

 

詳しい資金計画例はコチラ

メーカー同士を競合させる場合の注意点

ハウスメーカーを選ぶ際は、2〜3社程度に絞った上で最終決定する場合が多いのですが、決定する要因となる最大の要素はやはり金額である事が圧倒的に多いです。勿論、営業の方や会社に対する信頼性があっての話しですが・・・
ちょっと待って下さい!!
そのメーカーの提案する商品とその値段が本当に見合っているのでしょうか?
各メーカー共に豊富な商品ラインナップを揃えており、顧客の予算や敷地条件、間取りの要望等をもとに商品選定をするわけですが、単に安いからという理由でメーカーを選ぶのは危険です。
 以前、こんな事がありました。
某ALCコンクリート系の住宅販売をメインとして取り扱って入るメーカーと競合した時です。どうしても相手方の見積金額よりも高くなってしまう為、何とか頼んで競合相手の建物の仕様書等を見せて頂きました。すると、その相手方の商品はこちらが提案している商品よりもランクの低い商品でした。具体的には外壁の厚みが半分で勿論それにかかわる構造部分に関しても圧倒的にこちらの商品の方がランクの高いものでした。
ここでお話ししたいのは、競合させる時はできる限り競合相手方のそれぞれに情報を流すべきだという事です。どこのメーカーも自社の長所しか述べません。では、短所をどうやって見抜くのか。これは建築に関する素人が多少勉強したからといって分かるものではありません。それを見抜くにはやはりその道のプロに頼むのが一番だと思います。競合他社の情報を流すのを敬遠するお客様は結構多いのですが、情報を横流しにしてもマイナスになる要素はほぼ無いと思います。勿論、相手方の悪口ばかり言うような営業は印象が良くないかもしれませんが、忘れないで下さい。「住宅建築は一生に何度もない大イベントである」事を!!決定事項にかかわる重要な情報をスルーしない為にも!!!

 

ハウスメーカーからの見積書の出精値引きに惑わされない事!!

 ハウスメーカーからの見積書を見て「え?見積の明細ってこんなに大雑把なの?」と驚く方もいるかと思います。勿論、見積書の提案の仕方はメーカー毎に様々ですが・・・。
 設計担当が営業から正式に見積依頼を受けるとその資料をもとに図面をおこしたり、積算します。顧客に提出する見積書はこの積算書をもとに営業の方で再度作り直すことがありますが、主に以下の理由があります。

  1. 設計から上がってきた積算による見積書だと項目が細かすぎる為、ある程度項目をまとめた、簡易で見やすい書式に作り直して説明しやすくする為。
  2. 設計から上がってきた積算による見積書は実際の販売価格であり、勿論、メーカー規定の利益を含んだものであるが、営業戦略上、値引き率を増やしたりする為に更に利益をのせた形で見積書を作り直す為
  3. 出精値引きの項目を入れる為
 
勿論、上記以外にも設計を通さない外注品や外構費用の金額を入れたりする為等の理由もあります。

 

 注目して頂きたいのは、2番目、3番目の項目です。営業戦略上の事なので一概に「良くない事をしている」とは言えないのですが、顧客側からすると非常に分かりづらく不透明な見積書となってしまいますよね。
 ここでお話ししたいのは、「値引き額に惑わされない事」です。「これだけ頑張ってくれたのだから決めよう」と思うのは早計というものです。重要なのは「競合させる場合の注意点」でも述べましたが、「競合している商品が本当に同等のランク、若しくは仕様の商品なのか」という事とそれを踏まえた上での「最終的な金額」であります。
 木造と鉄骨を比較するのは土台そのものが違う為、そもそも難しいですが、同じ鉄骨系メーカー同士、木造系メーカー同士を競合させるには是非とも留意して交渉に望んで頂きたいです。住宅の価格というものは競合させる、させないとでは金額に雲泥の差が出ます。私自身も社員価格などより、遥かにお値打ちに購入して頂いた事も何回もあります。上手に競合させて、お値打ちにより良い住まいを手に入れましょう!!

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ メーカー紹介 資金計画書 太陽光発電システム