IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターの使い勝手は?

電気クッキングヒーターの種類

 オール電化住宅では注目を集めているIHクッキングヒーターです。しかし、安全面や手入れについては定評がありますが、使い勝手については制限があり、慣れないうちは調理に苦労するかと思われます。
 電気クッキングヒーターにはIHの他にも代表的なものとしてラジエントヒーター式があります。比較しながら見ていきましょう。

IHヒーター式

 オール電化で注目されているIHクッキングヒーターは、電気と磁気の相互作用でヒーターの鍋の底を発熱させるため、電気を熱に変える熱効率が約90%と高く、さらにセンサーと組み合わせて細かな温度調節ができます。ただし、鍋底に磁気を磁気を加えてそこにうず電流を発生させる仕組みのため、鍋底が電流を通しにくい材質や形状の鍋が使えないことや、コンロのように焼いたり、あぶったりする事はできません。

ラジエントヒーター方式

 セラミック内に発熱体を埋め込んだセラミックヒーターを熱源に利用するものです。
 遠赤外線を発生させて物を温めるので、食材の内部にまで熱を伝えやすい特徴があります。
 直接発熱する為、上記のIHヒーター式と違い鍋を選ばないのが特徴です。

各方式の違い

 

ラジエント

IH

ヒーター温度

約500度

鍋底 約300度

熱効率

約70%

約90%

表面

赤色

無変化

加熱

遅い

早い

余熱

あり

なし

選ばない

選ぶ

IHヒーターの最大の特徴は、熱交換率が良いため加熱が早く、手早く調理できる反面、調理器具を選ぶところですね。

 

IHクッキグヒーターとガスコンロとの違い

・裸火を使わないため安全でクリーンであるイメージが強いですが、人気の理由は他にもあります。

  1. 火力が強い・・・立ち上がりが早く、熱交換率が良い。
  2. 安心である・・・裸火を使わないため火災等の心配が少なく、「切り忘れ防止」や「チャイルドロック」「空焚き自動防止」「鍋なし自動オフ」等の機能がついている。
  3. 清潔である・・・調理面がフラットである為、掃除や手入れが簡単である。
  4. 使いやすく便利である・・・慣れるまでは苦労しますが、火力調節がワンタッチでできたり、センサーによる電気コントロールにより、設定温度がキープできたりする機能が使える。

 

 

慣れるまでは大変かもしれませんが、慣れてしまえばガスよりも安全、衛生的でキッチンでの作業時間を大幅に短縮してくれるかもしれないですね。

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

エコキュートや電気温水器って?
オール電化住宅に設置される事となる「エコキュート」や「電気温水器」。各機器はどんな特徴ががあるのでしょうか?比較しながら見ていきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ メーカー紹介 資金計画書 太陽光発電システム