どんなハウスメーカーがいいの?

2×4(ツーバイフォー)工法って?

税金

2×4や2×6工法とは

2×4工法や2×6工法は、北アメリカでの一般的な工法で、西部開拓時代に生まれ、長い期間にわたる技術改良の末、現在のプラットフォーム工法になりました。使用される木材の断面図の厚みが2インチ幅が4インチ若しくは厚みが2インチ幅が6インチである事からこのように呼ばれています。
 すっかり日本ではメジャーになっているこの工法ですが、昭和49年の 枠組壁工法(2×4工法等の事)に関する技術基準の告示により一般工法として認められた、我が国ではまだ比較的歴史の浅い工法といえます。

 

枠組み壁工法の特徴

 日本の在来工法では建物の重さや揺れに対しては、通し柱(2階以上にまたがる柱)や管柱(その階だけの柱)に代表される木の骨組みと筋交い等によって重さや揺れに対する耐久力を得ています。
 これに対して、枠組壁工法の最大の特徴は建物の重さや揺れに対し、「壁面で支える」ところにあります。
 「え?壁面だけで支えられるの?」と不安に思うかもしれませんが、枠組壁工法に用いる面材は構造用の合板が使われており、それに細い柱を何本も組み合わせ一体化する事によって、面で強度を発揮できるようになっています。
 在来工法の軸組み部分を壁面に吸収、一体化する事によって強い強度を保っていると言えます。

 

枠組壁工法と在来工法の建て方の工程

 枠組み壁工法の建築手順
  1. 基礎等土台をつくる。
  2. 合板に2×4材などを釘で打ち付けてパネルをつくる。
  3. そのパネルを外壁や内壁として、部屋を区切るように立てていく。
  4. 立てた壁にかぶせるようにして上階の床パネルを設置する。
  5. 床パネルの上に下階と同じように内壁や外壁を建てる。
  6. 最後に屋根パネルをのせる。
    在来工法の建築手順
  1. 基礎等土台をつくる。
  2. 通し柱や管柱を、仮の筋交いを使いながら建て上げる。
  3. 梁を柱かあら柱へ架け渡しながら、上階の管柱を建込み、上等する。
  4. 床の根太や筋交いや合板を打ち付けて全体のフレームができあがる。

 

在来工法はまず、軸組みを組み上げ屋根まで上棟する事を目的とするのに対し、枠組壁工法では下階から上階へ組み上げていき、最後に屋根をのせるのですね。

 

枠組壁工法のメリットデメリット

枠組壁工法のメリット
  1. 耐震性にすぐれている。
  2. 大手メーカーであれば工場生産したパネルを一気に組み上げていくので工期が早い。
  3. 高気密化がしやすく、これに伴い高断熱、高遮音が期待できる。
  4. 設計・施工のマニュアル化により、品質のバラツキやムラが少ない。
枠組壁工法のデメリット
  1. 壁面で支える構造上の問題から、開口部を設けるにあたって在来工法に比べて制約が大きく間取りの融通が利きづらい。
  2. 高気密が故、結露しやすい。
  3. 工期内に雨が降った場合に品質に対する不安がある。
  4. 選定できる施工業者の範囲が限られる。


やはり、間取りの融通という点が一番ひっかかりますね。設計段階で将来の家族構成などを あらかじめ見越しての間取りのプランニングが必要ですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加   

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ メーカー紹介 資金計画書 太陽光発電システム