外張り断熱材って何?

外張り断熱材と充填断熱材との比較

外張り断熱

住宅に使われる断熱材って?

 住宅には暑さや寒さをしのぎ、快適な室内温度に保つために様々な断熱材が使われています。
 カラス繊維のグラスウールや積水ハウスに代表されるようなロックウール、ポリスチレンフォーム等です。
 そしてこれらの断熱材の設置方によって断熱性能は大きく変わってきます。
 大きく2つに分けて外張り断熱方式と充填方式に分けられますが、一体どんな違いがあるのでしょうか。

外張り断熱とは

 大和ハウスや住友林業、サーラ住宅等が採用している断熱方式です。
 充填方式は柱と柱の間に文字通り断熱材を充填していく方式であるいのに対し、外張り断熱は柱の外からスッポリ断熱材で囲む方式です。
 その為、充填式に比べ高気密の空間になります。

外断熱にするメリット
  • 結露がしにくい。・・・結露の原因は内外の温度さによって起こります。外断熱は断熱材が外側にあるため、室内の温度と壁の温度との差が少なく、結露が発生しにくいのです。これにより、加湿器がより機能するようになります。というのもいくら加湿しても結露してしまっては湿度が上がらないからです。
  •  

  • 高気密の為、保温、断熱性能に優れている。・・・充填式だと柱と柱の間に設置していくため、すっぽりと囲まれる外断熱に比べ、どうしても気密性に劣る。
外断熱にするデメリット

外断熱は充填式に比べ、イニシャルコストが高くなります。

ただし、外断熱が高気密である事を考えると充填式より冷暖房費を抑えられるため、一概には言えません。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ メーカー紹介 資金計画書 太陽光発電システム